10000系
形式 クハ10500、クハ10700、モハ10100
モハ10200、モハ10300、サハ10600
製造初年 平成9年
製造所名 東急車両、JR新津車両製作所
編成 5M5T、4M4T
保有両数 70
制御器 VVVF制御 並行カルダン式
集電器 ST−PS33B(S‐アーム)
主電動機 ST−MT73(95kW×4)
台車 ST−DT61G、ST−TR246M.P
ST−TR246N
2100系、新6000系の代替車両として、またコスト削減としてJR東日本の
E231系をベースにデザインを相鉄仕様に製造された形式。
このため、相鉄独特であった自動窓や直角カルダン、ディスクブレーキ、
電動車全てのパンタグラフ、新7000系からテスト導入されたセミクロスシートが
無くなった。
相鉄初として車体がステンレス製、ワンハンドル式マスコンとなった。
導入当時は10両編成であったが、最近は8両編成の導入が進んでいる。
← こちらはJR東日本
  のE231系
inserted by FC2 system