急行 ――
快速 ――
各停 ――
相鉄線とは
相鉄線は「相模鉄道」を略した名前です。
大正6年、「茅ヶ崎〜橋本」間を結ぶ鉄道として創立。
一方、同じ年に「厚木〜横浜」間を結ぶ鉄道として「神中軌道(後に神中鉄道に改称)」も創立しておりました。
昭和18年に相模鉄道は神中鉄道を吸収し、その部分を「相模鉄道神中線」としました。
(「茅ヶ崎〜橋本」間は「相模鉄道相模線」とした)

ところがその後、太平洋戦争が勃発し、国の方針で茅ヶ崎〜橋本間が国有化・・・。
その結果、相模鉄道の路線は厚木〜横浜間のみとなり、茅ヶ崎〜橋本間は現在のJR相模線となっております。

2014年4月27日のダイヤ改正より、
・日中「特急」の運行開始(本線・いずみ野線)
・日中「快速」の本線運行開始
・日中「各停」の一部が海老名まで乗り入れ
・日中「急行」運行取り止め
・日中「快速」のいずみ野線運行取り止め
・日中「各停」の一部がいずみ野線内折り返しの運用開始
朝・夕〜夜の運行は従来通りのパターン(急行・快速(いずみ野線運用)・各停)

従来の日中の星川での快速・各停の接続はなくなった。
特急が新設されたが、いずみ野の待避線及び瀬谷に出来た下り待避線(上り待避線は従来からあり)は使用されず、
ずべて二俣川での接続となっている。

現在の路線図はこのようになっております。
本線
いずみ野線
厚木線(貨物線)
:横浜−海老名
:二俣川−湘南台
:相模国分−厚木

 相模国分は信号所のため、列車は止まらない
 24.6q
 11.3q
 2.2q
他社線との接続状況
 横浜  :JR線(東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン、京浜東北線、根岸線、横浜線)
      東急東横線、京急線、横浜市営地下鉄線、みなとみらい線
 大和  :小田急江ノ島線
 海老名:JR相模線、小田急小田原線
 湘南台:小田急江ノ島線、横浜市営地下鉄線
2014年4月26までのもの
inserted by FC2 system