ランサーエボリューション
進化の歴史
1992年、WRCグループAホモロゲーションを取得するために生まれた車、
それがランサーエボリューション。
勝つための進化を運命とした車です。
モデル 発売年月 エンジン 最大出力 最大トルク ホイールコントロール方式 その他
T 1992年10月 ナトリウム封入中空排気バルブ
大容量インタークーラー
250ps/6000rpm 31.5kg・m/3000rpm VCU付きセンターデフ方式F4WD
ABS
アルミ製専用フード採用
大型リアスポーラー採用
U 1994年1月 吸排気バルブリフト量アップ
マフラー排圧低減
260ps/6000rpm 31.5kg・m/3000rpm 1.5WAY機械式LSD採用 大型リアスポイラー採用
リアウィッカー採用
V 1995年2月 圧縮比アップ
ターボコンプレッサ効率向上
270ps/6250rpm 31.5kg・m/3000rpm 大型サイドエアダム採用
W 1996年8月 ツインスクロールターボ搭載
鍛造ピストン採用
280ps/6500rpm 36.0kg・m/3000rpm AYC搭載(GSR)
フロントヘリカルLSD搭載(RS)
デルタ型ウィッカー&大型スポイラー採用
ベース車両のフルモデルチェンジ
X 1998年1月 ターボノズル面積拡大
ピストン軽量化
280ps/6500rpm 38.0kg・m/3000rpm フロントヘリカルLSD搭載 デルタ型仰角調整式リアスポーラー採用
ブレンボ製ブレーキシステム採用、3ナンバー化
Y 1999年1月 チタンアルミタービン採用(RS)
コンプレッサ入口径拡大
280ps/6500rpm 38.0kg・m/3000rpm ツインプレートクラッチ(RS) ウィッカー型仰角調整式ツインリアスポーラー採用
Y TM 2000年1月 チタンアルミ合金製タービン採用(GSR) 280ps/6500rpm 38.0kg・m/2750rpm スペシャルカラーリングパッケージ車設定
Z 2001年1月 タービンノズル面積最適化
全排気管ステンレス化
280ps/6500rpm 39.0kg・m/3500rpm ACD搭載
EBD付きスポーツABS搭載
バンパー、エアダム、スポイラーを新作
ベース車両のフルモデルチェンジ
Z GT-A 2002年1月 低中速域のハイレスポンスターボ
フラットトルク化
272ps/6500rpm 35.0kg・m/3000rpm ACD+AYC+スポーツABS搭載
INVECS-U5AT搭載
エボ初のATモデル
[ 2003年1月 中速域ターボブースト圧向上
高強度アルミ材ピストン採用
280ps/6500rpm 40.0kg・m/3500rpm スーパーAYC搭載
6MT搭載
フルカーボン製リアスポイラー採用
[ MR 2004年1月 ターボノズル面積拡大
高速型カムプロファイルへ変更
280ps/6500rpm 40.8kg・m/3500rpm ルーフパネルインパクトバーのアルミ化
ビルシュタイン製ダンパー採用
\ 2005年3月 4G63のMIVEC化
チタンアルミMG合金ターボ採用
280ps/6500rpm 40.8kg・m/3000rpm(GSR)
41.5kg・m/3000rpm
(GT、RS)
GTグレードの追加
遮音性向上
EVO
WAGON
2005年9月 4G63MIVEC(GT)
4G63(GT-A)
280ps/6500rpm
272ps/6500rpm
40.0kg・m/3000rpm(GT)
35.0kg・m/3000rpm
(GT-A)
6MT搭載
INVECS-U5AT搭載
エボ初のワゴンモデル
\ MR 2006年8月 4G63MIVEC
チタンアルミ&MG合金ターボ採用
280ps/6500rpm 40.8kg・m/3000rpm(GSR)
41.5kg・m/3000rpm
(RS)
スーパーAYC搭載
6MT(GSR)、5MT(RS)
4G63のファイナルモデル
Eibach社製コイルスプリング採用
WAGON
MR
2006年8月 4G63MIVEC(GT)
チタンアルミ&アルミ合金ターボ採用
4G63(GT-A)
280ps/6500rpm

272ps/6500rpm
40.0kg・m/3000rpm(GT)

35.0kg・m/3000rpm
(GT-A)
6MT搭載
リア1.5WAY機械式LSD
INVECS-U5AT搭載
ビルシュタイン製ダンパー採用
] 2007年10月 新エンジン4B11MIVEC
チタンアルミターボ採用
アルミ製シリンダーブロック採用
280ps/6500rpm 43.0kg・m/3500rpm 6速Twin Clutch-SST搭載(GSR)
5MT(GSR、RS)
S-AWC制御
全幅とトレッドの拡大、低重心化
パドルシフト、245/40R18タイヤ
ベース車両のフルモデルチェンジ
](MC) 2008年10月 300ps/6500rpm 43.0kg・m/3500rpm ]のMC(マイナーチェンジ)
新グレード最上級モデル「GSR-Premium」の追加
](MC) 2009年10月 300ps/6500rpm 43.0kg・m/3500rpm 新形状大型エアダム
樹脂製エンジンカバー
クルーズコントロール
](MC) 2010年10月 300ps/6500rpm 43.0kg・m/3500rpm 高着火性点火プラグ
燃費向上
Twin Clutch-SST車の制御見直し
](MC) 2014年7月 300ps/6500rpm 43.0kg・m/3500rpm ウインカー付ドラミラー
フロントドアトリムにステッチ追加
ランサーエボリューション ファイナルモデル
](MC) 2015年7月             〃
ナトリウム封入排気バルブ採用
313ps/6500rpm 43.7kg・m/3500rpm 5MT
S-AWC制御
ランサーエボリューションファイナルエディション
BILSTEIN社製単筒式ショックアブソーバー&Eibach社製コイルスプリング
brembo社製ベンチレーテッドディスクブレーキ
ツートンカラー
inserted by FC2 system